ホーム 書籍 書籍『懐かしい未来 ラダックから学ぶ』
書籍『懐かしい未来 ラダックから学ぶ』
ヘレナ・ノーバーグ=ホッジ著 
翻訳委員会翻訳 
懐かしい未来の本
------------------------------
初刊『ラダック 懐かしい未来』が2011年に待望の復刊!
ヒマラヤの辺境ラダックにおけるつつましくも豊かな暮らしと、そこに襲い掛かった近代化と開発の嵐。貨幣経済に頼らずに、ほとんどすべての生活を自給自足によってまかなっていた理想郷に突然入り込んだグローバリゼーションの弊害。
わたしたちの中に貧困はありませんと胸を張っていた人々が、わずか数年で貧困にあえぎながら援助を懇願する。ここには近代化、西欧化の根本的な問題点が、まるでむき出しになった地層のようにあらわにされています。
貨幣経済が貧富の差をもたらし、グローバル経済が本来不要なものへの欲求を生み出し、人々から時間と幸福を奪う。
著者は失われた幸福を惜しむだけではなく、グローバリゼーションの本質と、それを超える道を実証的に明らかにすることを決意。ラダックに息づく深い伝統的な智恵が、その新たな道を進む鍵であることを示唆しています。
------------------------------
目 次

・序
・日本語版に寄せて
・プロローグ ラダックから学ぶ
・第一部 伝統 Tradition
 1.リトル・チベット
 2.大地と共に生きる
 3.医者とシャーマン
 4.共生
 5.振付けのない踊り
 6.仏教 ひとつの生活様式
 7.生きる喜び
・第二部 変化 Change
 1.西洋の到来
 2.火星から来た人びと
 3.この世はお金で回る
 4.ラマからエンジニアへ
 5.西洋式の教育
 6.中央の吸引力
 7.引き裂かれた人びと
・第三部 未来 Learning from Ladakh
 1.物事に黒白をつけることはできない
 2.開発のごまかし
 3.カウンター・ディベロップメント
 4.ラダック・プロジェクト
 5.エピローグ 懐かしい未来
 6.その後
・あとがき

・ 型番
S01
・ 販売価格

1,836円(税込)

・ 購入数